小松島市議会は25日の全員協議会で、4月14日告示、21日投開票の市議選期間中、選挙カーを使った街宣活動に時間制限を設けることを申し合わせた。東日本大震災直後に行われた前々回(2011年)と前回(15年)に続いて3度目。

 自粛する時間は午前8~10時と午後5~8時。選挙カーを使わない街頭演説などは通常通り行う。現職以外の立候補予定者にも協力を呼び掛ける。

 全員協議会には全市議17人が出席。前回の自粛が市民に好評だったことから賛同者が相次いだ。ただ、公選法では午前8時~午後8時の選挙カーによる街宣活動が認められているため「法律に基づく活動を自粛して市民にやる気がないと思われないか」などと慎重な意見も出た。

 市議選は定数17に対して現職13人、新人4人、元職1人の計18人が立候補を予定。現職1人が態度を表明していない。