4月の徳島県議選・名西選挙区(定数2)に無所属で立候補する意向を表明していた新人の青木雅文氏(65)=石井町石井、元石井町議=が25日、健康上の不安を理由に出馬を断念した。

 青木氏は徳島新聞の取材に対し、「以前から左目に緑内障の疑いがあり、急に調子が悪くなった。手術を受けざるを得ない状況」と説明。「今後の活動に支障が生じる恐れがある中で出馬はできないと判断した。支援者にご迷惑をお掛けして申し訳なく、心より謝罪したい」と話した。

 青木氏は先月30日に立候補を表明し、今月18日に町議を辞職した。名西選挙区は現職2人が出馬を予定している。