日本相撲協会は25日、大相撲春場所(3月10日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表した。

 徳島県出身力士は、先場所序二段西38枚目の太田(本名・太田剛希、31歳、山響部屋、石井町)と同西44枚目の広瀬(本名・広瀬広輝、30歳、荒汐部屋、北島町)はともに3勝4敗で負け越し、太田が同東65枚目、広瀬が同西71枚目に下げた。同西48枚目の上田(本名・上田裕也、藤島部屋、19歳、石井町)と同東85枚目の藍(本名・髙原魁成、20歳、高田川部屋、藍住町)はともに2勝5敗で、上田は同東85枚目、藍は同東102枚目に下がった。