大塚ホールディングス(HD)傘下の大鵬薬品工業(東京)は26日、北島工場(北島町)で製造している抗がん剤「ロンサーフ」が米国で、切除手術ができない進行性・再発性の胃がんに対する効能が追加承認されたと…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。