[磯]<大島>26日、下り潮で水温は14・2~15・7度。地ソエで30、32センチのイサギ2匹。カブトで33センチのグレ1匹。

 <宍喰>25日、波が高く釣りづらかった。竹ケ島周辺の水温15度。大バエから中マメに磯替わりした人が48センチのチヌ1匹。

 <高知・甲浦>26日、波が高く水温15・5~16度。クツガバエで30センチのアイゴ1匹。カタマリで30、35センチを2匹と40センチのブダイ1匹。トビワタリで42センチのヘダイと35センチのブダイを各1匹。千畳バエで33センチのグレ1匹、ウラで35センチのアイゴと40センチのブダイを各1匹。

 <愛媛・日振島>26日、北のち北西の風が場所によっては強く吹いた。少しうねりがありカモメ島の方には行けず低いハエには上がれなかった。4番で阿波一風の福岡伸治さんが30~35センチのアイゴ5匹と33~46センチのグレで30リットルのクーラー満杯。ムラコシ2番で35~45センチのグレ10匹。12番でも型は不明だが10匹余り。18番で33~46センチを10匹。全体には食いが渋く、餌取りのオセンが多く釣りづらかった。

 [波止]<粟津離岸堤>25日、波風ともに穏やかな釣り日和。7番で日暮れごろからワームのジグヘッドリグで22~32センチのメバル30匹。

 [船釣り]<伊島沖>26日、北寄りの風が終日吹いた。乗合船でアサリのムキ身を餌に胴付仕掛けで18~27センチの本ハゲ10~15匹。低水温ながら活性が高かった。

 <高知・室戸沖>26日、風は穏やかだったが、うねりが高かった。ゆっくりとした上り潮で水温17・5度。仕立船で神山町の森さんら2人が、110センチのブリ1匹と70~80センチのメジロ19匹、40センチのイシダイ1匹。マキ餌がなくなり10時半ごろに納竿。(県釣連盟報道部)