性の多様性を考える講演会が小松島市の小松島高校であり、生徒や保護者ら約470人が参加した。 レズビアンやゲイなどの性的少数者を支援している鳴門教育大大学院の葛西真記子教授が講師を務めた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。