鳴門、松茂、北島、藍住、板野、上板の旧吉野川流域6市町が、水道事業の課題について話し合う勉強会を設置した。県内の市町村が広域での勉強会を設けるのは初めて。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。