ミカンやスダチ、ユズといったかんきつ類栽培の担い手育成を目指して徳島県が3月に開講する「徳島かんきつアカデミー」の第1期生(2コース・募集計15人程度)に、県内在住の20~70代58人の応募があった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。