徳島市は2019年度から、副部長以下の一般行政部門の正規職員を対象にした事務服(ブレザー)の無償貸与を廃止する。厳しい財政事情を考慮したためで、同年度からの5年間で約1500万円の削減につながる。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。