四国電力は28日、インドネシアで水力発電事業に参画すると発表した。出力は1万キロワットで2020年の運転開始を予定している。四電の海外発電事業は7件目で、水力発電と東南アジアへの進出は初めてとなる。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。