建設業の大竹組(牟岐町)が、あらゆる機器をインターネットでつなぐIoT(モノのインターネット)を活用し、工事作業員の熱中症予防に役立てるヘルメットの開発に取り組んでいる。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。