岩尾主将提案の「苦渋の選択丼」
小西選手の「雄大のとっと弁じょ」
 

 J2徳島ヴォルティスのスタジアムグルメが今季、大幅にパワーアップする。選手と共同で考案した「コラボグルメ」を月替わりで提供。ヴォルティス屋台村の店舗数も15店から20店に増える。充実したメニューでお腹を満たし、応援の力に変えよう。

 コラボグルメの第1弾は岩尾主将提案の「苦渋の選択丼」(800円、写真(上))と、小西選手の「雄大のとっと弁じょ」(800円、同(下))の2品。3日の岐阜戦、10日の大宮戦でそれぞれ限定販売する。

 苦渋の選択丼は徳島名産の和田島しらすとネギをふんだんに使い、マヨネーズで味付けした。岩尾主将は「今まで食べたことのない味だが、めちゃくちゃうまい」と太鼓判。とっと弁は炭火焼きの鶏モモ肉1枚を載せ、小西選手推薦の特製たれを使用する。

 屋台村の店舗はスタジアム前エリアが4店、バックスタンド側が1店増えた。3日は各店が「必勝祈願カツサンド」などホーム開幕戦限定の特別メニューを用意する=表参照。

 3日はアウェー岐阜の人気グルメ「飛騨牛串」(700円)も登場する。ぜひ早めに来場し、多彩な食を満喫しよう。