1日午前7時20分ごろ、徳島市南内町1の徳島中央署両国橋交番に、市内の男性会社員(23)が「暴行を受けて財布を奪われた」と駆け込んだ。4、5人組の男に同市両国橋の雑居ビル地下にある飲食店に監禁され、被害に遭ったという。男性は頭や顔などに打撲の軽傷を負った。男らは現場から逃走しており、県警は強盗事件とみて行方を追っている。

 署によると、同日午前0時ごろ、男性が雑居ビル近くの路上を1人で歩いていたところ、男らに飲食店に連れ込まれ、ドアの鍵を掛けられた。男性は顔などに殴る蹴るの暴行を受け、現金1万数千円が入った財布とスマートフォンを奪われたという。当時、飲食店が営業中だったかどうかは分かっていない。

 午前7時ごろ、男らが「そろそろ帰るか」とドアを開けた隙に男性は逃げ出し、約250メートル北の両国橋交番に駆け込んだ。その後、警察官が飲食店に向かったが、店は施錠されており、男らはいなくなっていた。

 男性は連れ込まれた当時、友人と飲酒した後で、かなり酔った状態だったという。逃げた4、5人組はいずれも20代ぐらいとみられ、男性と面識はない。