BSテレ東・真夜中ドラマ『歌舞伎町弁護人 凛花(りんか)』(4月13日スタート)レギュラー出演する(左から)武田航平、山地まり、岡田浩暉

 女優の朝倉あきが主演するBSテレ東・真夜中ドラマ『歌舞伎町弁護人 凛花(りんか)』(4月13日スタート、毎週土曜 深0:00)のレギュラーキャストが追加発表された。

【写真】主演の朝倉あき

 同ドラマは、朝倉演じる女性弁護士・美鈴凛花が、東京・新宿歌舞伎町を舞台に、ストーカー被害を訴えるキャバ嬢や、殺人の容疑をかけられたホストなど、さまざまな依頼に事務員の牛島や後輩の蘭たちと、戸惑いながらも力を合わせ立ち向かい、困っている依頼人を助けていく。

 今回発表されたのは、凛花の父親の経営する弁護士事務所で働く事務員の牛島連司役で武田航平(『仮面ライダービルド』など)が出演。凛花を昔から知る、頼もしい事務員として凛花をサポートする。武田は「真夜中ドラマらしく、男子諸君の歓喜のシーンも散りばめられ、盛りだくさんです! 世の女子のために僕も脱ぐ準備はできています(笑)」と、張り切っている。

 凛花にあこがれている後輩弁護士・山田蘭役には、グラビアやバラエティー番組で活躍中の山地まり。凛花たち行きつけスナックのママ“しのぶ”役には、俳優の岡田浩暉を起用。

 歌舞伎町に生きるオカマを演じる岡田は、「歌舞伎町を体現できるポジションとして、メイクさん、衣装さんはじめ、スタッフ皆さんのお力をお借りしつつ、しのぶはある種のリアル感に迫ってみたいとも思っています。1日の疲れを忘れさせてくれる番組になるように、皆んなで力を合わせて頑張ります」と意気込んでいる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。