日本で防災に関する研修を受けている海外8カ国の防災担当者が1日、石井町藍畑の石井河川防災ステーション三郎広場を訪れ、水防技術やロープワークを学んだ。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。