29日告示、4月7日投開票の徳島県議選(定数38)で、選挙区内の有権者が最少の那賀選挙区(那賀町)を基準にした「1票の格差」が、平成になって最大となる2・85倍に広がった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。