弥生時代後期から古墳時代初頭にかけ、祭祀などに使われた赤色顔料「水銀朱」の原料となる辰砂が採掘されていた阿南市水井町の若杉山遺跡で、約1年半前に発見された坑道が、弥生時代後期(1~3世紀)に掘られて…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。