「事件や事故の現場は想定外のことが起こり得る。県民の安全や安心を守るため、自らが考えて動く『考動(こうどう)』ができるようになってほしい」。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。