国内で26年ぶりに発生した家畜伝染病の豚コレラが、猛威を振るっている。昨年9月から岐阜県内の飼育豚にまん延し、愛知県など近隣の4府県にも広がった。先月19日には10例目が岐阜で確認されている。終息に向かう兆しはまだ見られない。

 豚コレラは豚とイノシシにしか感染しないウイルスで、感染力が強く、致死率も高い。人にはうつらず、感染豚の肉を食べても問題ないが、発生した養豚場には全頭の殺処分が義務づけられる。

 今回は既に約4万7千頭が処分され、地元の養豚農家は大打撃を受けている。これ以上の感染拡大は何としても食い止めたい。

 岐阜県では、豚コレラに感染して死んだ野生のイノシシが何頭も見つかった。海外から何らかの手段で持ち込まれた肉製品をイノシシが食べ、感染した可能性が指摘されている。

 感染源の特定と、日本に入ってきた経路の解明が急がれる。防疫態勢に不手際がなかったかどうかも、関係機関は検証する必要があろう。

 看過できないのは、岐阜県や畜産現場の対応だ。

 岐阜県は、体調を崩した豚を感染症と疑いながらも熱射病と断定し、豚コレラへの対応が半月遅れた。岐阜市内の畜産施設では、感染した野生イノシシが敷地内で複数頭見つかったにもかかわらず、専用の衣服や長靴を着用せず、業務を続けていた。

 ずさんな衛生管理が取り返しのつかない事態を招いたことを、関係者は大いに反省してもらいたい。

 徳島県によると、豚コレラが確認された5府県から県内への豚の持ち込みは、最近ない。最初の事例が確認されて以降、県内の養豚農家23戸に対し、養豚場に出入りする車両や畜舎の消毒を徹底するよう促している。

 今回の豚コレラは、ウイルスを含む泥やふんを付けた車両や人の移動によって感染が広がったとの見方が強い。相当な感染力であり、警戒に警戒を重ねる必要がある。

 香港―徳島の季節定期便が発着している徳島空港では、到着便の乗客の靴を消毒するなど検疫を強化。外国人実習生のいる事業所へは、母国から豚肉製品を持ち込まないよう指導徹底を求めている。どれも水際防止に欠かせない対応である。

 本県の飼育豚は2016年時点で約3万9千頭。全国32位と規模はそう大きくないが、産出額34億円は農業全体の3%になる。感染被害が広がれば打撃は小さくない。

 16年間に及ぶ交配研究を経て誕生させたブランド品種「阿波とん豚」も抱えている。宮崎県では10年に起きた口蹄疫で、特産ブランドの1品種が絶えてしまった。同じ悲劇を招いてはならない。

 岐阜県内では今も、感染した野生イノシシが確認されているという。あらゆる手段を用いて封じ込め、一刻も早い終息宣言につなげたい。