つるぎ町貞光の住民ら15人が、同町貞光の家賀地区で昭和初期まで行われていた藍栽培を復活させる。担い手の高齢化で耕作放棄地が増える中、徳島市の藍染工房と連携して藍を生産。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。