低速で走る列車で景色を楽しむ親子連れ=海陽町宍喰浦

 海陽町と高知県東洋町を結ぶ阿佐海岸鉄道・阿佐東線で3日、通常より低速で走り、車窓からの景色を楽しんでもらう恒例の臨時列車「なごみ列車」が運行し、約50人が参加した。

 列車は午前と午後の2回、宍喰駅ー海部駅(6・1キロ)を時速30キロ以下で往復。乗客にはパンやコーヒーが振る舞われた。

 太平洋や那佐湾を見渡せるポイントでは一時停車。親子連れらは眼下に海が広がる景色をカメラに収めるなどして、約30分間の運行を満喫した。

 母親と姉と乗った海南小4年元木縁さん(10)は「のんびりとした気分で、きれいな海の景色を楽しめた」と話した。