歩き遍路に挑戦している佐藤さん=吉野川市鴨島町飯尾

 商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市)で毎年1月10日に行われる「開門神事福男選び」で、昨年の「一番福」に選ばれた佐藤玄主さん(19)=同県芦屋市、ウェブライター=が、歩き遍路に挑戦している。

 高校3年生の時に福男になった佐藤さんは卒業後、友人とウェブマガジン発行などを行う任意団体「クロスポイントプロジェクト」を設立。一番福の体験談を掲載したり講演活動を行ったりしている。

 福男に選ばれたことで多くの人とのつながりができたとして「福に感謝するだけではなく、多くの人に出会って福を与えたい」と思い立った。父の孝紀さん(60)が遍路経験者だったこともあり、巡礼を決めた。

 今年2月25日に徳島入り。順打ちで23番札所・薬王寺(美波町奥河内)まで回った。

 道を教わったり、パンやおにぎりをもらったりして、人の温かさを感じたという。「吉野川がきれいで、山と川の調和がとれた景色が美しい。SNS(会員制交流サイト)で発信したい」と、徳島に好印象を持った様子。

 5日にも高知県に入り、4月中には回り終える予定。「素直さや感謝の気持ちを大切にできる人間になるため、心を磨きたい」と、残る巡礼への意気込みを語った。