日亜化学工業(阿南市)は東京大大学院工学系研究科に来年度から5年間、寄付講座を開設する。古澤明東大教授らによる光量子コンピューターの研究開発を支援するのが主な目的で、寄付総額は2億5千万円。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。