徳島空港利用促進協議会は4日、徳島阿波おどり空港と香港間を1往復する国際チャーター便が5月に就航すると発表した。現在、就航中の同区間の季節定期便は3月30日までで、10連休となるゴールデンウイークに合わせてエアトラベル徳島が企画した。

 チャーター便は5月2日に徳島を出発し、5日に香港から徳島に帰る。季節定期便を運航しているキャセイドラゴン航空がエアバスA320(162席)を使用する。

 季節定期便は2月27日時点で21往復42便が運航され、利用者は5098人、搭乗率は74・9%。県次世代交通課は「5月のチャーター便でも実績を残せるよう努めたい」としている。