昨年末に発効した環太平洋連携協定(TPP)の自社への影響について、帝国データバンク高松支店がまとめた四国4県企業の意識調査結果によると、10・0%が「プラス」とし、「マイナス」の4・6%を上回った。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。