26年にわたって徳島の海の安全を守ってきた徳島海上保安部の巡視艇「うずかぜ」の2代目が5日、退役した。海難事故やフェリー乗客の急患などでこれまでに94人を救助し、不法投棄などの犯罪657件を摘発。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。