6日は二十四節気の「啓蟄」。土の中で冬眠していた虫が目覚め、地上にはい出るころとされる。 徳島市不動東町5の吉野川南岸堤防では、テントウムシがタンポポの茎や花の上で動き回り、春の訪れを感じさせた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。