2月11日にけやき坂46から電撃改名した日向坂46が、3月27日のデビューを前にした「デビューカウントダウンライブ」を5、6の両日、神奈川県の横浜アリーナで開いた。パフォーマンスに触れた全ての者に幸せを分け与える「ハッピーオーラ」をテーマに掲げるグループらしく、幸福感と始まりの希望に満ちたステージを繰り広げ、2日間で計約2万4000人を魅了。姉妹グループの乃木坂46とも欅坂46とも異なる個性を武器に、アイドル界の頂点を目指して坂道を上る決意を高らかに宣言した。初日の模様を中心にレポートする。(写真は全て 撮影:上山陽介

 

 日向坂46のイメージカラーである空色のペンライトが会場全体を染める中、鳴り響いたのはファンにはおなじみのけやき坂46時代のオーバーチュア。メインスクリーンに「ひらがなけやき LAST LIVE」の文字が踊る中で登場した1期生は、初舞台となった「ひらがなおもてなし会」の時と同じ紺色の制服でデビュー曲「ひらがなけやき」を歌い上げる。

 戸惑う観客を前にキャプテン佐々木久美さんが口を開いた。「突然の改名で、最後にひらがなけやきとしてちゃんとごあいさつできていませんでした。ひらがなけやきとして最後の姿を、これまでの思い出をかみしめながら見てほしいと思い、この場を用意してもらいました」。事情が飲み込めた観客から温かい拍手が巻き起こり、ペンライトはけやき坂46のイメージカラーの緑色に替わる。

 佐々木久美さんの「盛り上がる準備はできてますか?」、柿崎芽実さんの「全員で翔べ~!」の絶叫とともに、ライブで盛り上がる定番曲「誰よりも高く跳べ!」になだれ込む。ソロダンスのパートでは、けやき坂46唯一の立ち上げメンバーで欅坂46に移籍した長濱ねるさんと、学業のため休業している影山優佳さんの映像が流され、全員でこの日を祝いたいという強い意思が示される。

 「僕たちは付き合っている」「永遠の白線」と、まさにひらがなけやきの歴史をたどるラインアップが続く中、長濱さんの移籍後に発表された「それでも歩いてる」では、みんなが大好きだった長濱さんへの思いを空いた椅子に込めたパフォーマンスで涙を誘いつつ、当時とは見違えるように成長し、気迫のこもったパフォーマンスでグループを引っ張ってきた1期生の貫禄を見せつけた。

 満を持して登場した2期生も、デビュー当時と比べて進化したクールでセクシーなソロダンスで観客を魅了。そして披露したのは、昨年の日本武道館公演でサプライズ披露して話題をさらったお姉さんグループ・乃木坂46の「おいでシャンプー」だ。驚きの選曲に会場は大いに沸き、本人不在にもかかわらず乃木坂46・中田花奈さんの名前を叫ぶ「ナカダカナシカ」の大合唱となった。

 「イマニミテイロ」「ひらがなで恋したい」「半分の記憶」と、ひらがなけやきの歴史を振り返りながらも集大成となる全力のステージは続く。「期待していない自分」では、センター佐々木美玲さんが振り付けの定番となっている全力疾走を、横浜アリーナのメインステージから最後方のバックステージまで往復して行う圧巻のパフォーマンスで盛り上げた。

 そして「ラストライブ」もいよいよ最後の1曲。加藤史帆さんが「けやき坂46最後の曲です! 私たちは皆さんと出会えて、ここまで頑張って来られて本当に幸せです!」と感謝を口にしたのに続き、「ハッピーオーラ」を全力でパフォーマンス。最後のサビではけやき坂46の3期生として新加入したばかりの上村ひなのさんが登場し、歴史を完結させた。

 佐々木久美さんが代表して「私たちにとって大切なけやき坂46のお別れのあいさつをすることができてうれしかったです。私たちは生まれ変わって、これからもっと坂を上り続けます」と万感の思いを込めてあいさつ。最後は佐々木久美さんの発声で「以上、私たち!ひらがなけやき坂46でした! ありがとうございました」と全員であいさつして感動的に締めくくった。

 別れの余韻もつかの間、場内に日向坂46の新たな幕開けを告げるオーバーチュアが鳴り響く。改めて空色のペンライトに染まった会場の大型モニターにメンバー紹介の映像が流れた後、モニターが半分に開いて現れたのは「日向坂46」の文字をかたどった巨大な電飾と空色の新衣装に身を包んだメンバー。初代センター小坂菜緒さんを中心にデビューシングル「キュン」を初披露すると、会場のボルテージは一気に最高潮となった。

 メンバーが改めて「日向坂46です」とあいさつすると会場から大声援が起こる。事前に公式サイトでメンバーが「キュン」の合いの手を紹介する動画が公開されていたことで、初披露ながら会場が一体となっていたことについて、佐々木久美さんは「合いの手がすごい聞こえてきてうれしかった」と満足げ。上村さんは「日向坂にとっても私にとっても初めての楽曲で、これから皆さんに好きになってもらえたら」と期待を込めた。

 ここから「キュン」のカップリング曲を一気に初披露するファンが待ち望んだ展開に。1期生の「耳に落ちる涙」、2期生の「沈黙が愛なら」、加藤さん、佐々木久美さん、佐々木美玲さん、高本彩花さん、小坂さんの雑誌専属モデル5人で構成され、高本さんが初のセンターを務める「Footsteps」など、どれも日向坂46らしいさわやかさや情緒に満ちた楽曲で、会場を大いに盛り上げた。

 「君に話しておきたいこと」「抱きしめてやる」「JOYFUL LOVE」とドラマチックなナンバーの連続で会場のボルテージが最高潮に達したところで、総合プロデューサー秋元康さんがこの日のために書き下ろしたCD未収録の「日向坂」を披露。「自分たちのやり方で坂を登ろう」という、日向坂46らしい等身大のメッセージを発信しながらスタンドを行進し、本編の幕を閉じた。

 会場のファンから、「日向坂46」コールが飛び交う中、グループ初のアンコールに突入。佐々木久美さんは「日向坂46は皆さんを一番に考える、応援していて絶対後悔させないグループになります! グループカラーは空色で、空が毎日色を変えるように、どんな色にも染まれるすてきなグループになれればと思います。これからも一緒に道を歩んでいきましょう。応援よろしくお願いします!」と決意表明した。

 ここで、2回目となる「キュン」が披露されると、会場はこの日一番の盛り上がりに。続いて、けやき坂46時代からのライブ定番曲「NO WAR in the future」、そして最後はファンとの約束を歌った「約束の卵」で会場をハッピーオーラに包んで幕を閉じた。始まりにして、早くも伝説となるライブを終えた日向坂46。これからどのような快進撃を見せてくれるのか、彼女たちの動向から目が離せない。(R)

■日向坂46「デビューカウントダウンライブ!!」セットリスト
M1:ひらがなけやき
M2:誰よりも高く跳べ!
M3:僕たちは付き合っている 
M4:永遠の白線
M5:それでも歩いてる
M6:おいでシャンプー
M7:イマニミテイロ 
M8:ひらがなで恋したい
M9:半分の記憶
M10:期待していない自分
M11:ハッピーオーラ
M12:キュン(デビューシングル表題曲)
M13:ときめき草(デビューシングル収録曲)
M14:耳に落ちる涙(デビューシングル収録曲)
M15:沈黙が愛なら(デビューシングル収録曲)
M16:Footsteps(デビューシングル収録曲)
M17:君に話しておきたいこと
M18:抱きしめてやる
M19:JOYFUL LOVE(デビューシングル収録曲)
M20:日向坂(未発表曲)

EN1:キュン
EN2:NO WAR in the future
EN3:約束の卵