東日本大震災で被害を受けた岩手県陸前高田市の津波到達点を桜でつなぐプロジェクト「桜ライン311」に、新野高校(阿南市)など県内3高校の生徒が作った堆肥が使われている。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。