「大物と思って一気に上げろ」「もたもたするな」。アオサギやウが飛び交う早春の鞆浦漁港(海陽町鞆浦)。カツオに見立てた重りをつるした釣りざおを、若い外国人漁師が繰り返し引き上げる。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。