校長から卒業証書を受け取る卒業生=8日午前、徳島市の津田中学校

 徳島県内のほとんどの公立中学校で8日、卒業式があった。卒業生は恩師や後輩らの祝福を受け、学びやを巣立った。

 津田中(徳島市)体育館では午前10時前、吹奏楽部が演奏する中、卒業生105人が入場。全員の名前が読み上げられ、3クラスの代表者が三好康宏校長から卒業証書を受け取った。

 卒業生代表の滑川由菜さん(15)は「中学校で学んだことを誇りに、志を高く持ち、胸を張って生きることを誓う」と決意を述べた。