国土交通省は8日、暫定2車線で対面通行となっている徳島自動車道の脇町インターチェンジ(美馬市脇町、IC)―美馬IC(同市美馬町)間の約4・8キロを、車線を増設する候補区間に選んだと発表した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。