阿南市は、沖合で洋上風力発電に適したエリアがあるかどうかを把握する調査を始めた。環境データを収集し、2020年度末までに適地を記した地図を作る。環境省の実証事業の一環で、県内では鳴門市に続いて2例目。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。