東日本大震災の発生から11日で8年を迎えるのを前に、県内各地で防災啓発イベントがあった。参加者は講演や避難計画作りなどを通じ、南海トラフ巨大地震や水害への備えについて学んだ。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。