「日本で3年働いて、いくら貯金したいの」。昨年11月、ベトナムの首都ハノイにある外国人技能実習生の送り出し機関の事務所で、日本側の受け入れ窓口となる徳島県央部の監理団体の70代男性役員が切り出した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。