後半、徳島の野村㊧が中央からシュートを放つもGKに阻まれる=鳴門ポカリスエットスタジアム

試合終了後、ホーム2連勝を飾れず肩を落とす清武(左から2番目)と徳島の選手たち=鳴門ポカリスエットスタジアム

 サッカーJ2徳島ヴォルティスは10日、ホームの鳴門ポカリスエットスタジアムで大宮アルディージャと対戦し0-1で敗れた。ホーム2連勝はならず通算1勝2敗で勝ち点は3のまま、14位に後退した。

 徳島は、前半は4バックでセンターにバイスとJ初出場の鈴木大、両サイドに藤田と田向を置いたが、大宮のプレスにボールがつながらず、シュートは野村のヘッドと清武の直接FKの2本だけだった。

 後半は3バックに変更し陣形の重心を前へ移したが、カウンターから攻め込まれる場面が増え、24分にペナルティーエリア手前でボールを持った大宮のバブンスキーに決勝点を奪われた。

 次節は16日午後6時から沖縄県のタピック県総ひやごんスタジアム で、今季J2に昇格し開幕から3連勝のFC琉球と対戦する。

 徳島・ロドリゲス監督 前半は好機の回数が少なく、大宮が上回っていた。後半は少しずつ良くなったが、先に失点をしてしまった。鈴木大は高さがあり、ロングボールへの対応で起用した。

 DF鈴木大(プロ初出場)「勝てなかったのが悔しい。セットプレーで自分が得点できるチャンスもあったし、チームを勝たせられる選手になっていかなければと思う」

J2第3節 鳴門ポカリスエットスタジアム 観客3870人

徳島 0-1 大宮
   0-0
   0-1

【得点】大宮 後半25分、バブンスキー