徳島県警

 10代女性に性的暴行を加えてけがを負わせたとして、徳島県警捜査1課と徳島中央署は10日、強制性交致傷とわいせつ略取の疑いで徳島市に住む阿波銀行行員の男(23)を逮捕した。行員の男は1日に徳島市両国橋のバーで起きた強盗・監禁事件の被害者。県警は行員の男に暴行し、現金を奪ったなどとして別の男4人を逮捕しており、関連を調べている。

 行員の男の逮捕容疑は、1日午前3時ごろから4時ごろまでの間、徳島市内の路上を歩いていた女性を近くの駐車場に連行。胸や下半身を触るなどして無理やり性交しようとし、頸部(けいぶ)などに1週間のけがを負わせた疑い。女性が隙を見て逃げたため目的を遂げなかったとしている。2人に面識はなかった。県警は行員の男の認否を明らかにしていない。

 署によると、行員の男はわいせつ目的で女性に声を掛けた後、女性の首に腕を回して締め上げながら駐車場に引きずり込み、「殺すぞ」などと脅迫。逃げ出した女性を追い掛け回し、髪を引っ張ったり地面に殴り付けたりしたという。

 行員の男は犯行後、バー店長の男(21)=徳島市、強盗致傷容疑などで逮捕=ら4人に店内に監禁されて暴行を受け、財布などを奪われたと交番に駆け込んだ。被害女性はバー店長の男の知人という。

 行員の逮捕を受け阿波銀行は「被害を受けた方、関係各位に深くおわび申し上げる。事態を厳粛に受け止め、職員教育の徹底と法令遵守態勢の強化に取り組む」とコメントした。阿波銀行などによると、男は昨年4月に入行した。