三好市山城町上名の住民が、地元に残る伝説を基にした妖怪の木彫り像2体を制作している。今月末までに完成させ、外国人観光客らが多く訪れる大歩危駅(同市西祖谷山村徳善)に飾る。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。