板野町と県が同町川端の県道沿いに建設する「道の駅いたの」の起工式が10日、現地で行われた。 道の駅いたのは、板野ICから南へ1・8キロ、藍住ICから北へ2・1キロの県道徳島引田線西側。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。