愛媛大の日向博文教授(沿岸海洋学)らの研究チームが、陸上から海流などを観測する「海洋レーダー」で沖合の津波を捉え、ほぼリアルタイムで到達時間や高さを推定するシステムを開発した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。