洪水時の浸水エリアなどを示したハザードマップを活用している徳島市民はわずか10%―。徳島大大学院の武藤裕則教授(河川工学)が、水害をテーマに実施した市民アンケートで、こんな結果が出た。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。