[磯]<大島>10日、南東の強い風で波があり、港回りと裏回りの一部しか上がれなかった。緩い上り潮で水温15・7~17度と場所により差があった。阿南市の4クラブが主催した黒潮カップが行われ出船したが、磯上がり間もなくから雨が降りだし風もさらに強くなり8時前には納竿。グレ、イサギ、アイゴ、チヌ、マダイ、イシダイ、イシガキダイの総重量を競い6人が計量。オハナの地で徳島市の美馬亨さんが1700グラム(28~31センチのグレ3匹)で1位。ビシャゴの奥で同市の岬英人さんが530グラム(20センチ前後のイサギ5匹)で2位。タタミで阿南市の浅木貴範さんが525グラム(20、27センチのグレ2匹)で3位。風が強くマキ餌とサシ餌が同調しにくく、うまくなじませた人が釣果を得た。

 [イカダ]<宍喰>9日、沖のカセは1号で30~38センチのグレ8匹と42センチのイシダイ1匹。

 [波止]<粟津離岸堤>9日、強い南風で釣りづらかった。日暮れごろより3時間、7番で生きエビを餌に電気ウキ仕掛けで20~28センチのメバル20匹。

 [船釣り]<伊島沖>9日、乗合船で7人が85~102センチのブリ11匹と35~45センチのサバ約100匹、25~35センチのレンコダイ約30匹。別の船では6人が貝のムキ身を餌に本ハゲを狙い20~27センチをサオ頭の人が10匹、次の人が8匹。

 <高知・室戸岬沖>9日、波風ともにほとんどなかった。潮はほとんど動かず水温18・3度。仕立船で95~100センチのブリ3匹と70センチのメジロ1匹。別の船ではマルソウダを餌にハリス80号で130センチ(30キロ)と110センチ(13キロ)のカンパチ2匹。

 <高知・行当岬沖>9日、潮がほとんど動かなかった。仕立船で70~83センチのマダイ3匹と80センチ前後のメダイ2匹。

 [お知らせ]福村磯は21日から渡船を再開し抽選6時半からとなります。(県釣連盟報道部)