勝浦町にある白亜紀前期(約1億3千万年前)の地層から見つかった獣脚類肉食恐竜とみられる左脚の脛骨の化石は、これまで町で確認された歯などと異なり、体の中心的な部位であることが特筆される。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。