国土交通省が2019年度に新規事業化する候補としている阿南安芸自動車道・海部野根道路の投資効果を示す費用便益比が0・1で、これまでに事業化されている全国の道路の中で最低値となっていることが分かった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。