徳島県の飯泉嘉門知事は11日の定例会見で、和牛の受精卵と精液が不正に中国に持ち出された事件を巡り「和牛ブランドをしっかり守る制度を作る必要がある」と述べ、法整備を含めた対策の必要性を強調した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。