徳島県内の自治体の半数を超える13市町村で、在住外国人向けの日本語教室が開かれていない。主な理由に「現時点で要望がない」を挙げるが、外国人のニーズを的確に把握できていない自治体もある。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。