多くの自治体が日本語教室を見送る中、美波、つるぎ両町は、文化庁の支援事業を活用して開いている。教室の整備費や日本語教育の専門家派遣を国が3年間援助。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。