高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場の住民説明会を阿南市で14日に開く原子力発電環境整備機構(NUMO)の関係者が12日、市役所を訪れ、岩浅嘉仁市長に経緯などを説明した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。