13日は日本海を通過した低気圧の影響で西高東低の気圧配置となり、10メートルを超す季節風が吹いた。午後には紀伊水道を震源とする地震があり、徳島市で震度4を観測した。幸いにも津波はなかったが、県南部の渡船は急きょ撤収の安全策をとった。

 [イカダ]<ウチノ海>13日、北風が強かった。堂浦のカセでヌカと赤アミをマキ餌に、小粒の沖アミをサシ餌に使った人が30~35センチのサヨリ17匹。12日は、同所のヤカタで赤アミを餌にサビキ仕掛けで20~23センチのイワシ100匹前後。

 <高知・甲浦>13日、水温17度。1号では、沖アミを餌にフカセ釣りで34~36センチのグレ3匹と25センチの本ハゲ1匹。

 [磯]<大島>13日、水温16・5~17・3度で上り潮。渡船は10隻が出ていた。昼前から南東の風が強く波とうねりが高くなったため、早い船は11時すぎに、遅い船は地震発生直後に納竿した。28~40センチのグレは、港回りのノコギリで3匹。表回りのホリモンは2人で7匹。俵で3匹。ヒッツキは16匹。別の人は3匹。屋形の東で20匹。西も20匹。胴で12匹。佐本回りのオシドリは7匹。ナデで2匹。粟林で2人が3匹。大バエで1匹。裏回りの桃オチ地で2匹。別の人も2匹。オハナで4匹。同地で4匹。別の人は2匹。櫂投回りの高橋バエで3匹。谷ハンで4匹。同地で3匹。

 <津島>13日、風と波が強かった。水温16・5度。ワレの胴と徳新バエでサオを出した人が30センチ前後のグレ2匹。ワレのスベリでも同型を3匹。数は未確認だがクレ石の東も数匹グレが上がっていた。

 <高知・甲浦>13日、南寄りの風で波も高かった。グレは、ミツバエの中で30~45センチを4匹。同西は31~37センチを7匹。ヒナダンは30~38センチを3匹。エボシで31センチを1匹。タカの口も30センチを1匹。丸バエでは底物仕掛けでサザエを餌に49センチのイシダイ1匹。(県釣連盟報道部)