ピエール瀧容疑者 (C)ORICON NewS inc.

 テクノユニット・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が12日に麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕されたことを受け、同容疑者の出演映画『居眠り磐音(いわね)』について、当該の出演箇所を撮り直し、差し替えた上で予定通り5月17日に公開されることが発表された。瀧容疑者の代役は改めて発表される。

【動画】松坂桃李の本格殺陣シーンも…映画『居眠り磐音』予告映像解禁

 同映画の公式サイトでは「ピエール瀧容疑者の逮捕を受けて、関係者で協議の上、当該出演箇所を撮り直し、差し替えることと致しました。予定通り5月17日(金)に全国公開致します」と発表。

 また、関係者向けに発表した文書では「代役の出演者については改めて発表いたします」とし、「公開を楽しみにしてくださっている皆さまに、ご満足頂ける作品をお届けするべく、スタッフ一同取り組んでまいります。引き続きご支援・ご鞭撻をお願い申し上げます」と呼びかけている。

 瀧容疑者をめぐっては13日、同容疑者がCM出演していたLIXILが過去の出演コンテンツをすべて削除。電気グルーヴも所属事務所のソニー・ミュージックアーティスツが今週末の15・16日にZepp Tokyoで開催予定だった公演の中止を発表した。同グループのCD・映像商品も回収・出荷停止が決定。吹替え声優を務めたディズニー映画『アナと雪の女王』のオラフ役の声優も交代が発表されるなど多方面に影響が及んでいる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。